アナタの脳の血管が心配【偏頭痛は様々な原因を探ろう】

ガッツポーズ

頭痛の治し方

対処方法

頭痛

体のどこかに痛みが生じていると、その人が有している能力を十分に発揮することができなくなってしまいます。たとえば腰に痛みがある場合は、重たい物を持つことができませんし、敏捷に動き回ることもできません。痛みは体のあらゆる部位に起きる可能性がありますが、一番厄介なのは頭痛です。頭が痛いと思考能力が低下してしまいますので、たとえ手足の機能に異常が発生していなくても、スムーズに動くことができなくなってしまいます。結果的に作業能率が大幅に低下してしまうため、良い対処方法を探している人がたくさんいます。ただし、一口に頭痛といっても、種類があります。頭痛の種類によって痛みの現れ方や程度が変わってきますし、その対処方法も当然変わってきます。ですので、痛みが起こったからといってすぐに頭痛薬を飲むのではなく、まず自分の頭痛がどのような種類のものであるのかを見極めるようにする努力が必要です。頭痛は、偏頭痛、緊張型頭痛、混合型頭痛の3種類に分けることができます。偏頭痛は、脳内の血管の拡張が原因で引き起こされる強烈な頭痛です。あまりにも痛みが強すぎて、寝込んでしまう人が少なくありません。また、副症状として、吐き気やめまい、光過敏、音過敏などの症状が発生するケースが多いです。偏頭痛の場合は、市販の頭痛薬を飲んでも痛みを抑えることができません。ですので、市販の頭痛薬が効かない場合は、偏頭痛を疑ってみる必要があります。一方、緊張型頭痛は、筋肉の過緊張が原因で引き起こされる鈍い痛みです。こちらの場合は、市販の頭痛薬で痛みを軽減できる場合が多いです。もう1つの混合型頭痛は、上述した2種類の症状が混合した頭痛です。いずれの場合も早期治療が肝心ですので、早めに医療機関を受診するのが望ましいです。

心理的要因

先程述べたように、偏頭痛が起こる直接的な原因は、脳の血管の拡張です。拡張した血管が炎症を起こすため、炎症性の強い痛みが発生します。だいたい数時間程度痛みが持続するケースが多いのですが、頭痛が発生する前に、視野の異常など、特定の前兆症状が発生することがよくあります。昔は注射を打つくらいしか治療方法がなかったのですが、現在では前兆症状が発生した段階で飲む予防薬や、痛みが発生した後で飲む鎮痛剤などを併用する治療が主流になっています。偏頭痛の痛みは非常に強いため、普通に生活することができなくなってしまう人が多いです。でも、頭痛発作が起こっていない時は全く普通に暮らすことができるので、周囲の人の理解を得にくいという難点があります。痛みで動くことができずにいたとしても、ズル休みしているのではないかという誤解を受けてしまうことがしばしばあります。そのため、多くの患者が偏頭痛の根治を希望していますが、脳の血管がなぜ拡張してしまうのかという原因自体が今だに解明されていないため、治療が難しくなっています。脳の血管が拡張する原因としては、気圧の変化、特定の飲食物の摂取による刺激、体の疲労、心理的ストレスなどが考えられます。実際には、いくつかの要因が複雑に絡まりあって偏頭痛発作が起こっているケースが多いです。ただし、近年になり、心理的ストレスと偏頭痛の関係に注目する専門家が増えてきています。パニック障害やうつ病を患っている患者に偏頭痛が発生するケースがとても多いことは、臨床データから明らかになっています。そのため、今後は偏頭痛の発生に影響を及ぼす心理的要因についての研究が深められるだろうと予想されています。

天候による痛みの繋がり

楽しい

天候の崩れによって偏頭痛を引き起こすことがあるという人は少なくありません。雨が降ることでその気圧や気温の変化から自律神経が乱れてしまい痛みを感じるようになります。他にもストレスが原因の可能性も視野に入れておく必要があります。

様々な要因からくる頭痛

疲れ

頭痛は、緊張型頭痛や偏頭痛など、様々なタイプがあり、原因も人によって異なります。そのため、まずは自分の頭痛のタイプを知り、医師に相談することが大切です。また最近では、頭痛外来を設けた病院があり人気です。

頭の片方が痛むなら

楽しい

多くの人が抱えている問題の1つの偏頭痛があります。これはそのままにしておいて治る場合と、悪化して別の病気を併発してしまう場合があります。そのため症状が長く続くようであれば、早めに医療機関への受診が必要です。